家を建てる前に考える事 

家族の人数と理想とするライフスタイルによる生き方プランの例。
高校生と大学生のお子さんがいる4人家族、Cさん夫婦の場合を検討します。
 


    結婚したばかり、新婚ほやほやさんのAさん夫婦の場合。

    結婚してもう10年たった、幼稚園に通うお子さんのいるBさん夫婦の場合。

    高校生と大学生のお子さんがいる4人家族、Cさん夫婦の場合

    子供たちは就職で家を出て独立し、2人家族のDさん夫婦の場合。

    孫が生まれたので娘さん夫婦と2世帯で住む事にしたEさん夫婦の場合。

    親元を離れ独身のF子さんの場合。


Cさん夫婦の場合


結婚して20年が経ち、夫婦共に子供たちの将来を心配しています。
上のお兄ちゃんは、国立の理工大学へ無事入学。
下の妹は語学が得意だから、私立の英文科へ。在学中に留学希望。
今だって塾代で家計はひっ迫、教育費がばかになりません。
ご主人は上場企業にお勤めのサラリーマン。奥様は専業主婦。
今まで賃貸マンションで暮らしてきましたが、
住宅ローン控除があるうちに一戸建てをそろそろと思いながら、
教育費が予想以上にかかるので頭を悩ませてます。
家族で、海外旅行に行ったのはいつだったかしら。
奥様もパートで働こうかなと考えています。

最近の子供の塾事情はすさまじいものがあります。
二人のお子様が高校生、大学生であれば尚更ですね。
いちばんお金のかかる教育費。
私立の大学そして大学院へ行ったらお子様一人につき1千万かかることも。
私立、国立、それに理系か文系で金額が全く違いますから
早い内からの積立貯蓄をおススメします。

今日はおうちの話ですから、ここまでにします、
お子様がふたりだと子供部屋を確保したい所です。
そろそろ、賃貸から分譲へ。
そして一戸建てを検討される本格的な時期到来です。

中古住宅ならまだいいのですが、憧れの新築一戸建てなら
お子様が就職で家を出ていく可能性も頭にいれて
慌てて建てることはありません。
まして、県外の大学へ通うことになれば生活費の援助、仕送りもありますから
やはりよほどの理由がない限り、もう少し待ってもいいでしょう。
家を建てたけれど家族が夫婦二人でになり、
大きい家が無駄にという事態はさけたほうが。

もし購入を考えるのであれば、収益物件を買い
入ってくる家賃でその物件のローンを返済するという事も出来ますが、
その場合は場所を選んで購入してください。
駅近くがなんといっても人気大です。
益率が8%以上なら考えてもいいかもしれませんね。
ある程度回収できたら、収益物件を売りその売却益で家を建てるなんてことも。
アイデアはいいですが、やはり資金余裕がないと失敗しますので
しっかり計画を立ててからにしましょう。

あまり遅くまで家を建てるのを待つと、ローンが組めない
年齢や会社員でいられる残り年数も重要になってきますので
早く決断したい所ではあります。

奥様も可能であれば、収入の足しにパートへ出ることも
ぜひ検討してください。
社会にかかわると見識が広がりますし、いろいろな情報も入ります。
家族が一番望む形で家を購入したいですね。
焦ることなくじっくり考えましょう。